2008年08月01日

ハケンについて、ナカマについて☆part2

わたしはほぼ毎日買い物をするから、前回のをupしてから数回スーパーに行っていて、そのたび目に止まるのが「お中元」の山積みで、横を通るたび「贈答文化批判なんていう無益でムダなことを考えたものだ」と思い、「ええええあたしが一人勝手に変わりモンってことでいいですよっ」という心情になり、世捨て人気分になっていった。

実のところわたしんちなどは会社員ではないから、もとから中元歳暮とは無縁なので別にいいのであるが、例えば、細木数子がテレビ番組で「ご近所づきあいが大事」と言うと速攻翌日に、一面識も無い隣の隣の隣の住人がスイカを持って来たりする。そういうのは違うのではないか、という話で、やりたい人たちの中元のやり取りにまで文句を言う気は無い。それにこういうのは地方によっても違うだろうから一概に言えない。

なんにしろ、「自分で選んだ道なのだから文句はいえない。悪いのは自分」といわゆる自己責任と捉えてしまうことが、派遣の問題が解決しない要因となっているらしい(あくまで一要因)。といっても、どんな状況下でも自分を保とうとするのは当然なので、それはごく自然な心理だろうと思うのである。しかしもし、自分次元を離れより広い視野から解決を図るなら、やはりそれなりに仲間というか、つながりが必要なのではないだろうか。その時に、仲間向けに別の自分を作らなくてはならないならそんなものは仲間ではないので、コミュニティが億劫になる要因は排されていてほしいと、素朴に思ったわけなのである。


しかし、暑苦しい中あえて言及する気力も沸かないが、この文藝春秋8月号の特集「批判の嵐にさらされる東宮一家。孤立無援の両殿下は今、何をなすべきか――皇太子、雅子妃 両殿下への手紙」を読むと、もう日本は完璧終っている。いや、少なくとも日本の一部は終っているとしか思えない。

■友納尚子
この方は、皇太子、雅子妃 両殿下がここまでどういう経緯をたどったか、ああなってそうなってこうなったと、女性週刊誌を読み損ねた人向けマメ知識伝授。

■猪瀬直樹
やたらと物知りだけど、焦点が四次元。

■斎藤 環(セイシン科医)「医師の病状説明が雅子妃を守る」
一番実際的で意味のあることを書いているのは、この人じゃん? p.115
しかし、座談会でも指摘があったが、高松宮ですら成人して宮中祭祀に接したとき、唯物論的な教育を受けてきた者として違和感を感じたと書き残している。まして戦後の近代人である雅子妃には、祭祀の実態の不条理さに、言い知れぬ違和感があったのでは、と私は思う。実際、高等教育を受けた女性には、夫の先祖供養を強要されてトラウマになるケースがある。
 (中略)ならば皇位継承が男子に限られている以上、祭祀も男子の務めとして、妃は免除しても本質的に差し障りないのではないか。そもそも、祭祀の深奥をよく知る日本人などほとんどいないにもかかわらず、昨今の、出席ばかりを居丈高に強要する風潮は疑問である。

深奥どころか、表面的なことすらまったく知らないわけで、そこを教えてよ言いたけど、誰も教えてくれない。
もしもその儀式が、(『古事記』『日本書紀』にもとづいて天皇は稲作の神とされているから)、米の豊作を祈る内容なのだとしたら、そんな儀式と、米の収穫量に相関関係はないのだから、そういう儀式が受け継がれてきましたよ、ということを伝える役回りだけにして、祭祀として行うような非科学的なことはやめていいのではないだろうか。それだと、農業従事者の人が怒るのだろうか??

あと、祭祀の内容が、もしも日本の安全ということで、たとえば地震が起きませんように、みたいな祈願をするのだとしたら(あてずっぽう)、地震の発生と祈願は関係ないし、事実あちこちで起きているのだし、ことに皇居のある首都東京を中心に祈願をしているのだとしても、地震は起きるときは起きるのだから、そういう非科学的なことはやめた方がいいのではないだろうか。第一、昔ならともかく、今はそんなことをやってくれていても、国民の誰も感謝しない、つーか戸惑うだけ。もしも知ったら「…………(絶句)今までありがとうございました。今後はお願いですから中止してもっと楽にやってください」と、ほとんどの日本人は言うだろう。

■茂木健一郎
脳天気なことを言わせたら日本一な脳科学者茂木先生なだけあって、自分と同世代であることとか自分と同じ東大であることとか、自分と同じ『ワルキューレ』とか『ドイツオペラ』がどうのと言い募って親近感を示している。その上で、日本の皇室を英国王室型の超エリート的な位置付けにすることで、励ましの代わりにしている印象で、それはそれでいいのであるが、そうやってせっかく「世界を見てきた」雅子サマなのに、時代錯誤の宮中祭祀では、かえって悲しくなるだけだ。
 歴史は最終的には公平である。平成の皇室において皇太子殿下と雅子さまが果たしている役割の本質は、時の流れという恵みを受けることで、必ず明らかになる。

それはそうこの方が思っているだけ。そんなノンキなことを言っている間に、雅子さまのみならず、「特筆すべき精神の強度をもった皇太子」(by斎藤先生)だって、ダブルバインドのあげく、どう壊れるか分らないのだ。せいしんのブレは、若いときだけではなく、中年以後や老年でも多く発症するのだ。

■福田和也
恵まれぬ人、苦しむ者の側に

何よりも国民の、心の、支えになっていただきたい

マジめまいがした。適応障害、もしくはウツ、少なくとも心の病にかかっている人に何かを要求するとは…!!がーん。ウツの人に「頑張って」の類が禁句なのは、今や一般常識だろう? 人にああしろこうしろではなく、「自分が『恵まれぬ人、苦しむ者』の側に立って助けます、その自分の心の支柱になってください、いえ、そのために何もなさらずともいいのです、そのままでいいのです」という話ならまだ分るが、自分はまったく『恵まれぬ人、苦しむ者』を助けようという気はないのである(少なくとも一言もその気配を書いていない)。それじゃあ、「自分はどんどん強者としてなぎ倒していくので、彼らのケアをよろしく」としか聞こえない。

こんな風に、都合の悪いものを人(特に皇室)に押し付ける習慣は何とかならないのか。ほとんど読みながら涙目になってきた。この福田氏の文章には多く傍線が引いてある。寄贈者の共感をずいぶん呼んだらしい。
恵まれぬ人、苦しむ者を助ける力は、オノレの中に充分にあるのだ。自分がガンバレ


関係のない話に行き過ぎたので、次回はまた本題にもどる


------>>>>>>>>>つづく

posted by sukima at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 助け合う社会 | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

2ちゃんねらー発・あのひの噂

数日前、知り合いの2ちゃんねらーが蒼ざめた顔でこんなことを言う。
「外務省の官僚が1500万円ホテル代踏み倒したって話で、一日中ワイドショーが官僚攻撃で盛り上がっていたでしょう? あのことでさ、もう大変な騒ぎになっているんだよ、もう怖い話が続々でさ」



まんがビデオとは、デジタル処理によって演出効果が加えられた「まんが原画」に、効果音や声優によるセリフなどを加えた映像コン..


続きを読む
posted by sukima at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB話題 | 更新情報をチェックする

山本モナ不倫騒動、雑感(極東ブログ風)

 とぼけているかのようだがあまり不倫というものに関心がない。今回の山本モナ不倫騒動についてもそれほど関心はなかったし、不倫後の今もそれほど関心はない。なので、この話題は例によってスルーし、最近食べた「じゃがりこバジル味」の話でも書こうかなとも思ったが、微妙に心にひっかかる部分がある。ブログなんて無名な庶民の記録だよなという原点で、とりあえず書いてみよう。

続きを読む
posted by sukima at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | WEB話題 | 更新情報をチェックする

Googleマップのストリートビュー、覗き魔の変態技術ここに極まれリ

ついにここまで来たかgoogle、完全にいかれている

Googleマップのストリートビュー


グーグルの地図製品担当プロダクトマネージャー、河合敬一氏

グーグルで地図製品担当のプロダクトマネージャーを務める河合敬一氏は、「日本での対応はまだかという声を多数いただいていた」として、今回のサービス開始を嬉しく思うとコメント。「これまでは衛星写真や航空写真など『上から』の画像を提供してきたが、ストリートビューでは反対に地上からの画像を提供することで、サービスの質がさらに高まったと思う」と語った。


河合敬一さんさ、ユーザーが要望すれば何でもかなえるの?
ユーザーの中には、ド変態や殺人鬼予備軍、実行済みレイプ犯や泥棒や強盗もいるんだよ?
ナニ考えているの、あんた。
「ユーザーが要望している」は印籠になりません!!!


ロボットが人間を支配するSFというのはよくあるけど、googleの社員は自分も人間のくせにみずからをロボットに同化することで、人間性を否定し馬鹿にし、下位に見下ろしている。
自分もウンコする人間のくせに、人間について何も考えていない。


もうやだ、google。最低だ。
posted by sukima at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Google | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

Googleストリートビューとかわたしの日々が混ざって、雑多に

傑作なTシャツ(参照)をみつけてなごんだけども、それでも怒りが収まらないのはどうしたものだろう。
せめてもの救いは、批判的な意見がちゃんと多数出てきていることだ。
しかもわたしなどの書く感情的なものより、ずっとロジカルかつクールなものが。


もとよりわたしとて、「いつラブホから出てくるところにgoogleカーに出くわし撮影されるか分らなくて不安」という理由で、嫌悪感を持ったわけではない。わたしの生活および人生は、きわめて残念至極なことではあるがラブホとは縁がない。
ラブホに限らず、いたって常識的な小市民であるから、道端で人に見られて不都合なスチャラカ&アジャパー&スーダラ節な姿をさらす心配も限りなく少ない。
それにうちは賃貸マンションの上の階だから、一戸建て住居の玄関先にgoogleカーが来て中を盗撮されるなんてこともない。

(プライベイトが侵される不安は、よくよく考えれば確かにあるし、一戸建ての人や現在秘めた恋に生きる人など多数いるだろうから、わたしの事情ばかりは言っていられないし、あたかも道徳律をgoogleという一企業に強制されること事態が不快なので、それはそれで検証するとして)


どうしてgoogleはそこまで好き勝手にやりまくれるの? という強大な権力への嫌悪と反発というのが、わたしにとっての一番適当な理由だ。続きを読む
posted by sukima at 09:29 | TrackBack(0) | Google | 更新情報をチェックする

2008年の戦争写真




グルジア紛争。ロイターの写真集の一枚


今という時代、写真はなんて美しいのだろう。


画像の質感のなめらかさ、色彩の鮮やかさ、構図の見事さ、ブレのない確かな輪郭、確実で安定した光の具合と明るさ、そして、写真全体をおおう、好感度の高い清潔感。


どれもこれも、戦争を伝える以前に、写真の美しさに心も目もひきつけられる。

戦いの場所の悲惨さなどは、ほとんど感じられないと言っていいのではないだろうか。

事実戦いの場所は、暗くもなくつらくもなく悲しくもなく、美しいのかもしれない、とすら思えてくる。


何もかもが、まばやい光の中で輝いている。



ラベル:2008年 写真 戦争
posted by sukima at 10:16 | TrackBack(0) | 軍事、戦争 | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

3の付く日と3の倍数の日ってのはすぐにくる

◆数字の描く夢と悪夢

前回13日にアップした時は「やった3の付く日だ」と思い、公約を果たした気分になったものだが、「次は16日だな」と思ったらよく考えたら16は3の倍数ではなく正しくは15日で、それは13日にとっての「あさって」だったので、ひえーと思った。

ついでに言うと、10枚も買っていたサマージャンボ宝くじは連番だったため「末尾9」(300円)だけは当たったものの、あとはまるでかすりもしなかった。
むろん大して期待していたわけではなく、ちょっと夢みている自分をキャラ的に演じてみようかな、と思っていた程度だったとはいえ、あたまに来たわたしは、
「金持ちが10万円分とか100万円分とか買ったら、その方が3億円当たる確立ものすごく高いじゃないか、やはり格差社会だよ、金持ちほど金を産むってことじゃないか、ひどいよムゴイよ」と末次郎(14才)相手に、不公平感をひしひしと滲ませボヤいていたところ、何事も穏当にすませたい彼は

「何年も数万円づつ宝くじ買いつづけて当たらない人も多いらしいよ。だから、金持ちが高額投資しても当たらないものは当たらない」
と、なぐさめともナンともつかない事を言っていたが、そうなんだろうか??

どうも、腑に落ちないが。

がしかし、今回の連番に限って言えば、10枚3000円を1000枚(30万円)買っていたとしてもまるで当たっていなかったのは、確かだ。


◆金。とにかく金なんだ

世は投資ブーム。FXだのなんだのと、とにもかくにも投資(という言葉で正しいのだっけ?)をしなくては老後の資金が足らなくなる。第一それでなくても損なんだ、損、損。ということですっかり煽られたわたしは、ちょっと勉強しようと雑誌を買った(写真)。そして熟読した。激しく熟読した。とくに、「鳥居万友美・2年間無敗!月100万円稼ぐ子育てママのショート戦略」を。


 実は、私は、サブプライム・ショックが起きる1年ほど前の06年6月と7月、短期的な円高によってトータルで500万円以上の損失を出していた。やはり、円高になってもすぐに損切りをせず、ナンピンを入れてロングポジションを膨らませてしまったのだ。大きなダメージを受けたが、そのとき、ナンピンを入れることのリスクと損切りの重要性を思い知った。と同時に、対円でロングポジションをとるだけのトレードに限界を感じ始めたのである。
 FXの場合、ビギナーの人ほど、対円でロングから入ることが多い。スワップポイントが得られる上、チャートは右上がりになると利益が出るため、感覚的な分りやすさがあるからだろう。
 しかし、そもそもFXは通過のトレードであり「円売り」「円買い」に固有の意味はなく、相場の状況によって使い分けることが望ましい。ロング・ポジションだけだと、わずかなチャンスを狙おうとして無理なトレードになってしまうケースが少なくないからだ。スワップポイントを気にするあまり、キャピタルロスを大きくしてしまっては何の意味もないだろう。


ここにある心象風景の鮮やかさと潔さに瞠目だ。いさぎよく反省し、しかしムダに悔いることなく戦略もあらたに次のステップをこころざす。すがすがしくも清らか。ここには人生がある。人生と人生訓と学びと目覚めが。
金が結局日本人には一番合っている気がする。
それに「ナンピン」とかロングポジションを「膨らます」、それに「キャピタルロス」と「スワップなんたら」というボギャブラリイも気に入った。わたしが今後マネー戦略したら、こういう文章を書く日がくるかも、だ。


ともかく他のページにも書いてあるのは、損切りをせよってこと。
損切り損切り。

(損切りが何かは当方には不明)


◆北京オリンピック2008

オリンピックを見るの本当に久しぶりで、4年前の日記(hatenaダイアリ)を見返したら、これだけ書いてあった。


2004年8月23日 [日々][テレビ]

 ○あの人を応援した。ハンマー投げの人、首の太い、ジェロニモンペペみたいな。

 ジェロニモンペペったって、誰も知らないだろうけど。わたしが子供達に作った最強のインディアンキャラクタ。ペペのお母さんがまた変わってて、頭をお団子結いにしているのだけど、何個も何個もお団子がのっかってるから、ずっと高く天まで届いているのだ。

 その室伏さん(←いきなり思い出した;)、シドニー五輪の時は観客席に「しーっ」って静寂を求めたのに、今回はむしろお祭り気分を楽しんで、ワイワイノリノリで銀メダル。

 ただ勝つだけではなくて、勝ち方のかっこよさ。

 ほれるね、これは。

 ○卓球少女愛ちゃん。まだ15才ということで敗退したのは早かったけど、彼女の試合前の語録が面白くて。曰く「自信もちすぎるといつも負けるから持たないようにしている」。

 微妙で繊細そうなマインドコントロールだに。

 ○女子マラソン 金メダル!!

 っても、ダイジェスト版で見たので、邪道。

 でもおめでとう!


何言っているんだか、今となってはよく分らない。まだこの頃は無邪気だった自分だ。

今年は、水泳とバレーボールを見た。あと男子体操。
あーーんもう冨田洋之(とみた ひろゆき)選手ったらーーー!! 
(と、途中から見たくせに地団太ふんでいる)
こういう時のために、茂木健一郎先生の「歴史は誰にも公平である」理論があるよ。え?「航平なんかやだ??」
無理もない無理もない

そうこうしながら、久しぶりにビデオニュース見たら、「ドーピング問題」だったため、オトトーーッ!!冷や水をありがとうーーー!!遺伝子に直接はたらきかけ特定の筋肉や骨をどうこうなんてヤバすぎ!!まだ視聴はしていないけど、ともかく今は、すでにメダルを取った人(とくに日本人)が「ドーピングでした」と言われないよう祈るのみ状態だ


◆オリンピックのほかは、グーグルストリートビューに捧げた今年のお盆

捧げすぎたので、ちょっとしばらく休もう。
経済人やIT業界人はGoogleに追従した、といったら悪いなら、沿った形での考えにならざるを得ないとしても、経済人なのに深い!!と思うような意見も聞きたい。
なんだかんだいって
google幹部の言っていることが一番カッコイイんじゃ、やってられない。


posted by sukima at 13:19 | TrackBack(0) | 小ネタ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。